1.寄り添い型

必要な日数だけお伺いします。あらかじめ期間内に何日お伺いするかを契約時に決めますが、訪問する日時は、企業側のスケジュールに臨機応変に対応していただきます。

2.複数テーマ同時進行型

複数のテーマが出ても対応専門分野内であれば、あらゆる課題に対して経験のあるものは解決へサポートし、具体的な解決へ導いていただき、答えを経験に基づいて仮説として出していただきます。

3.助っ人メンバー型

コンサルティングのような指導形態(講義→演習→メンバーに宿題→チェック)ではありません。
先生と生徒の関係ではなく、ご自分の経験を若手に伝える、頼れる助っ人として機能して頂きます。宿題は企業側から技神顧問に出ます。